荷物が落下して割れ物が破損したかも・・・?

食器やガラス製品など、いわゆる「ワレモノ」は衝撃に弱く、梱包の仕方が悪かったり、落下やぶつけたりで、割れてしまうことがあります。

とはいえ、私の今までの経験上、100円ショップで食器を買って、新聞紙でくるんで、レジ袋に入れたまま実家の車で持ち帰っても割れたことはなかったし、なんとなく大丈夫、という意識があったのは否めません。

大体こんなもんで大丈夫だろうと思って、キッチンペーパーと新聞紙でくるみ、重ねてダンボールに入れたのが失敗でした。

いざ荷解きしてみたら、下の方に入れたお皿やガラスの写真立てが、見事に破損。自分で梱包したので、もちろん、補償も弁償もしてもらえません。

ワレモノの梱包って、かなりきちんとしないと、衝撃をモロに受けて破損の危険が高いんですね、涙。

この引っ越しでのイタい経験と反省をふまえ、割れ物を梱包する際の注意点や、引っ越し荷物の破損を防ぐ工夫などについて、まとめてみました。

割れ物を梱包する時の注意点

割れ物の破損を防ぐ梱包資材やシール

ダンボールのサイズ

ダンボールのサイズは小さめを選びましょう。

大きいと重くなり、移動して地面に置くだけでも衝撃が強くなりがちです。また、動かないように新聞紙などを中に詰めるのにも手間がかかります。

ダンボールの準備

ダンボールの底にはバスタオルや緩衝材(プチプチ)等を敷き、詰め終わったら一番上にも同様にかぶせます。上下の衝撃を少しでも和らげる効果があります。

動かないようにする

衝撃に弱い食器やガラスはキッチンペーパーでくるみ(汚れ防止)、更に新聞紙でくるみます。

そしてダンボールに詰めたら、動かないように隙間に更に新聞紙をまるめたり、タオル等を入れて、動かないように梱包しておきます。

梱包資材を借りる

大手引っ越しし業者には、食器等の割れ物専用の梱包資材が用意されていることがあります。あれば是非活用しましょう。

引越し荷物の破損を防ぐ工夫

ダンボールの外側に中身を記載する女性

割れ物の梱包の仕方以外にも引越し荷物の破損を防ぐためのポイントがいくつかありますので参考にして下さい。

ダンボールの外側にも破損防止の工夫を

梱包し終わったダンボールにはワレモノ、等とマジックでわかりやすく書くのは当然ですが、黒のマジックで「ワレモノ」と書いて終わり、では心配です。

誰が見ても「割れ物」「取扱い注意」だと分かるように目立たせましょう。

  • フタを閉じるテープを赤や黄色にする
  • ワレモノのイラストつきシールを貼る
  • A4程度の紙に「ワレモノ注意」などと書いて上に貼る

等の工夫が必要です。

更に、割れ物が入っているダンボールは一ヶ所にまとめておき、作業員にさんに「これは割れ物なので気をつけてお願いします」とをひと言添えるだけでも、運ぶ時の意識が変わります。

小型家電も梱包する

テレビや冷蔵庫、洗濯機などの大型家電は引っ越し業者が梱包してくれますが、その他の小型家電はそのまま運搬されるケースが多々あります。

この場合、荷崩れや落下に遭遇した際の故障の確率が上がります。

電器ポット、DVDレコーダー、テレビゲーム、トースター、扇風機、サーキュレーター、加湿器、空気清浄機などは、そのままにせず、自分で梱包しておくのがおすすめです。

緩衝材(プチプチ)で巻いて、ダンボールに詰めればかなり安全です。適当サイズのダンボールがない場合でも、大きめサイズをカットして使う、巻き付ける等の工夫が可能。

明らかに運搬が原因で故障しても、見た目に損傷がなければ補償もされず、補償されても新品交換でも、全額弁償ではなく、あくまでも修理。

時間と手間がかかり、不便さを我慢する間に新品購入せざるを得なくなることもありますので、面倒がらずに一手間かけて梱包すべきと言えます。

自分で運ぶ

割れたり、壊れたりしたらあきらめがつかないもの、は手荷物として運ぶのもアリです。

例えば記念の食器(イヤープレート、結婚祝い等)、高価な食器、刻印入り写真立てなど、自分にとって大切なお宝は手荷物として、貴重品同様キャリー等に詰めて運べば安心です(海外旅行からお土産として持ち帰る時のようなパッキングですね)。

大事な食器や写真立てが割れて後悔しきりの引っ越しでしたが、次回は破損が一つもないように、上記に気をつけつつ、しっかり梱包して準備したいと今から思っています。