捨てる引越しゴミの分別が終了!

私が引っ越しし前に住んでいた地域は、燃えるゴミの収集が月曜日と木曜日で、引っ越したのが土曜日。

マンションの決まりで、ゴミは収集日の前日午後8時以降しか収集ボックスに出せない為、本当に困りました。

というのも、荷造りがなかなか終わらず、木曜日と金曜日にすごい勢いで片付けたら、ゴミが予想以上・・・大量に出てしまって。

木曜日の朝の収集以降、土曜日の夜8時迄はゴミを出せないので・・・金曜日になって、20リットルの袋7個のゴミをどうしようか?引越しに間に合わないと、途方に暮れました。

以前、引っ越した人が、ルールを破ってゴミを出してはいけないタイミングで大量に出したことがあり、大ひんしゅく。収集ボックスに入りきらず、外に放置されたゴミ袋がカラスにやられて大変なことになったんです。

置いていくは論外ですが、ああいうことはやっちゃダメだよな~って思っいました。

悩みに悩んだのですが、金曜日の午後、管理会社と不動産屋さんに連絡をとったところ、事前に申し出てもらえれば大丈夫とのことで、土曜日の朝、ボックスに入れて事なきを得ました。

私のように荷造りの段取りが悪いと、ゴミ捨て収集日に間に合わず、最悪の場合、引っ越し荷物として新居に持参する羽目になることもありますし、そういう体験談を目にしたことも。

次回の引っ越しでは計画的に荷造りを進めて、ゴミ出しで慌てることがないようにしたい!そこで、荷造りの段取りとゴミや不用品の捨て方のおすすめの順番について調べてみました。

梱包スケジュールをたてる

使っていない物から梱包しましょう、とも言われますが、やみくもに始めてもあまりうまくいかないことが多いです。

まずは、家の見取り図を書いて、梱包する荷物がある場所に番号をつけていき、この番号の場所ごとに荷造りを進めていきます。

荷物量はその場所によって色々ですが、量を見ながら●月●日迄にここを終わらせる、というように日程も組んでいきます。

部屋の数がワンルームでも収納ヶ所はいくつかありますし、台所周囲にも物はあふれています。

このように、部屋の見取り図で視覚化すると、荷造りのイメージができますし、計画的に梱包作業を進めるのに役立ちます

梱包と同時にゴミを捨てる

梱包は断捨離のチャンスと言われますが、いざ梱包を始めると、潔く処分できないものが次から次へと・・・。

迷っていると時間がかかりますので、捨てるかどうか決められないものを入れるダンボールを用意して、そこに入れるのも一つの方法

ここに入ったものは、たいてい、最終日までには捨てる決心がつきます。

ストックが多すぎるものも捨てるチャンス。文房具や紙袋、市販薬、旅行用化粧品、試供品、ポケットティッシュ等々。思い切って処分していきたいものです。

また、すぐに捨て方がわからないもの、例えば使い掛けのスプレー缶とか、ドレッシングの瓶なども、一つのダンボールなどにまとめ、その日の夜にでも調べて捨てる準備をしましょう

こうすることで、収集日も確認して捨てる予定がたてられます。同じような種類のゴミを出し損ねないように気をつけられるのもメリットといえます。

私の知り合いで、海外駐在から家族で帰国した際に、手違いで荷物が1ヶ月届かない羽目になり、最低限の衣類と食器を買って過ごしたけれど、物が極端に少ないせいで、掃除もご飯の支度もラクでビックリした、という人がいます(彼女は娘なので、お母さんの話ですが)

それくらい物を減らしてもほぼ困らないワケなので、思い切った断捨離を進めながら梱包していきましょう。

冷蔵庫の中身を減らす

私は単身だったのでそこまで食材が冷蔵庫にあったわけではありません。

それでもつかいかけの調味料とか、半生ラーメンとか、アイスクリーム、冷凍食品、野菜、漬け物、納豆等、かなりの食材が入っていました。

残った食材はクーラーボックスに入れて持って行く、と書かれていたりしますが、私はクーラーボックスを持っていないし、そこまでして持って行くのはメンドウなので、全部処分する方向で頑張りました。

なんとかほぼ処分できましたが、前日と前々日はなるべくゴミを出さないように、コンビニ弁当もイートインスペースのあるお店迄行ってそこで食べてゴミを捨ててきました。

家族がいると、弁当の空き箱もかさばるゴミとなりますので、少し高くても外食した方がいいかもです。

冷蔵庫の中の調味料も、1ヶ月くらい前からは、困っても買わないと決めて、極力中身を減らしていきました。

もうすぐ引っ越しだから、という理由で、あった方がいいけど、無くてもなんとかなるものは買うのを控え、冷蔵庫内もどんどん減らしていきましょう。

最後まで残すもの

最後まで浸かっていた物は、新居でもすぐに使う物といえます。

洗面道具、入浴道具、掃除道具、ハサミとカッターとガムテープ、スポンジと食器用洗剤、包丁とまな板、トイレットペーパ-、テレビとエアコンのリモコン、目覚まし時計などは専用のダンボールを用意して「一番最後に搬出して、最初に搬入する」と分かるようにしておき、作業員にも頼むといいと思います。

掃除したつもりでも荷物を積み込み始めると、気付かなかった場所の埃や汚れが目立つことも。

掃除道具一式は最後まで手元において最後に積み込み、引っ越し先では最初に出すと本当に便利でしたよ。

仕事や学校、バイトがあって思うように梱包作業が進まないこともありますが、段取りして梱包スケジュールをたてると、だいぶスピードアップしてきます。

ゴミ出しのタイミングを事前に確認して、ゴミを出し損ねないように注意して、梱包していきましょう。