エアコンの試運転

引っ越しの際に、エアコンを持って行くべきか、廃棄して買い替えるべきか、悩む人は多いと思います。私は引越しでエアコンを持って行ったのですが、少し後悔しているんです。

私の失敗談も交えて、エアコンは引っ越すべきかどうなのか、考えてみました。

私のエアコン引越し体験談

エアコンの取り付け業者さん

最近は一人暮らし用のワンルームでもエアコンが最初からついている部屋も増えているようですが、私が最初に借りた部屋は残念ながらエアコンがついていませんでした。

それで、女性の一人暮らしでもあり、窓を開けて寝ることはできない為、思い切ってエアコンを自腹で購入したんですね。なかなか快適で買って良かったと思ってます。

で、次に引っ越す際には、当然、自分で買ったエアコンなので、取り外して持って行くことにしました。

エアコンの引越しは、いわゆる引越し料金ではオプション扱いで、取り外しと運搬、取り付けが別料金になっています。

引越し料金自体はある程度納得の金額でしたが、エアコンの引越し料金が加算されると結構高いな~って感じました。

(訳あって、不本意ながら大学3年生のときに引越したので、私はこのエアコン引越しを2回経験しています。⇒取り外し取り付けの料金は2回とも2万円程度、合わせて4万円もかかってます)

後日談としては、5年以上使っていたエアコンでしたが、2度の引越しの衝撃が原因かもしれませんが、Uターン就職で地元に戻って1年ちょっとで、すごく効きが悪くなって、結局修理が必要になってしまいました。

購入先の家電量販店で別料金を支払って、メーカーの保証期間1年を5年に延長してはいたのですが、残念なことに5年を過ぎてしまっていて。有償修理となってしまいました。

修理代金とエアコン引越しにかかった費用を考えると、2度目の引っ越しのタイミングで新しいエアコンに買替えた方が断然得だったなと後悔しています。

エアコンの引越しは損か得か?

エアコンの修理を依頼した電気屋さん

そもそも、エアコンを使うと電気代がかかりますが、エアコンは年々進歩しており、消費電力も低くなっています。

10年前のエアコンだと年間の電気代が1万円、5年前でも4000円以上違うとされます。

エアコンの引越し料金はなんだかんだで15000円~20000円程度はかかりますので、例えば4~5万円程度で購入したエアコンを5年使用しているのであれば、今後の電気代も考慮すると、引越しを機会に買替えた方が得ということになります。

引越しに持っていかず、処分して買替えた方がよいエアコンの条件を具体的にまとめてみると、

  • 7年以上使っているエアコン(エアコンの標準使用期間は10年の為、引越し先で使う予定年数を考えると、費用をかけて持っていくより、その費用を新しいエアコン代にした方が得という考え方)

  • 安いエアコン(引越し料金や新しいエアコンの電気代と比較検討すると、同程度に安いエアコンに買替えた方がお得、という考え方)

  • 部屋が大きくなる場合(エアコンは適用可能な部屋の広さが決まっている為、広い部屋になると能力が足りず、結局買替える可能性が高いです。だとしたら引越し費用がもったいないですよね)

上記のようなケースでは、わざわざ取り外して、費用をかけて新居へ運ぶより、新し
いエアコンに買替えた方が、長い目でみればお得と言えます。

あと、専門業者が取り外し、取り付けを行うとはいえ、移動が原因による故障の可能性も否定できません。

その際に、取り外し業者と取り付け業者が異なる場合、責任の所在が曖昧になったり、トラブルの原因となることもあるので、依頼業者は料金だけでなく、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

あと、私のように自分で設置したエアコンであっても、大家さんが許可してくれれば、そのままエアコンを置いていくことも可能です。

そうすれば処分費用も浮いて、エアコンの購入費用だけで済みますので、更にお得です。

エアコンは高額家電だから、とりあえず持っていくのが当然、ではないのですね。

使用年数や購入価格、新居で使用予定の部屋の広さなども考慮して、持って行くか、処分して買替えるか、置いていけるかを慎重に検討したいものです。